上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

今日の晩ごはん。

カヴァティエッディという以前料理学校で実習したパスタ。

PA130050_640.jpg


パスタ打ちにもなれて、あっという間に出来ました。

パスタはティポ00という粉とティポ0という粉をほ半々に混ぜ、合計500グラム程度に。
卵1個、オリーブオイル、塩、水で打ちます。
30分程度ねかせて、フォークでニョッキのような形にして出来上がり。

ペストはトラパネーゼなので、松の実のかわりにアーモンド、パルミッジャーノのかわりにペコリーノを入れて手作りです。
トラパネーゼの場合はトマトも入ります。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

involtini_pesce_spada.jpg

料理学校ではみんなが先輩顔をする。
18歳から50歳までの面々・・。
みんなそれぞれがそれなりに厨房での経験もあるし、シチリア人だし、自分の得意分野は率先して役を買って出る。
それを見るのも楽しいからそれはそれでいいんだけど・・。

なにをいまさら、というようなことを質問できるのは、はっきり言ってわたしだけ。
そんなわたしが、今日は質問せずに、大失敗。

さて、今日の大失敗。

パターテ・ナトゥラーレ・・という、魚料理のつけあわせのポテト料理を作っていたときのこと。

じゃがいもはある方式でキレイにおんなじ形にカットし、レモン半分の皮をむいたものと一緒にゆでる。
そのゆで加減の番をしていたのがわたし。
ゆでかげんは竹串をさしてみるのはどこでもおなじだけど、その湯で加減、わたし的にはこれでいいと思った。
シェフに「じゃがいも、たぶんコレでいいと思います」と告げると、シェフは「よし、ではそれでいいならそれでいいとしよう」というおことば。

その後誰や彼やがやってきて「いや、あと10分だ」「いやまだかたい」とかいいのたまう。

そんなとき、誰にどう思われようと、シェフがいいというのだからとわたしは湯からあげた。

そしてメインのペッシェ・スパーダ・インヴォルティーニの手伝いをした。
Pesce Spada Involtini シチリアではよく作られるこの「かじきまぐろのパン粉チーズまき」(すごくおいしい!)アレちゃんの大好物だし、じっくりと作り方を教わった。

そのとき、うしろから聞こえたシェフの怒鳴り声!

「誰がパターテを湯からあげたんだ!」

ひぇ?、わっわたしがあげました?

すると

「湯からあげちゃいけないんだ!そのまま湯の中に入れておくんだ」

そっそうだったんですか・・すみません・・

「まあいい・・。じゃあプレッツェモラート(イタリアン・パセリをかけてしあげる別の方法)にしよう。
心配しなくていいよ」

・・と、この失敗がまあわたしなら仕方ないといったかんじでお許しのおことば。
このプレッツェモラート、バターを使ってしあげるからそれはそれですごくおいしかったんだけど。

・・てな失敗をしました。

シェフ、いつもおこってるんですが(職人肌ってかんじ)、ちょっと油断して知ったかぶりするとこういうことになるんですね。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA300143_600.jpg

ダイビングのゲストがさすがにまばらになってきて・・
オットとともにカンパーニャ(イタリア語では田舎とか土地とかを指す。)(=つまりわたし達のB&B Bella-Siciliaベッラ・シシリアを経営している土地)で過ごす時間が多くなりました。

ここでは、やることが山ほどあります。
(まさに本当に山だし・・)

土地のはじまりの部分に大きな門と大きな駐車場を作るため、すでに植わっている16本のリモーネとアランチャの木をどかさなければなりません・・。
木は1本も残さず植え替えたいので、枝を伐採し、伐採した枝からすでに実っている実たちをもいで・・という気が遠くなる作業をここ数日しています。




にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

PA300141_600.jpg

この写真の右側一帯がわたし達の土地ですが、この先に入り口を作るのです。




さて、いちばん上の写真はアレッサンドロが今日買ってきてくれた「長ぐつ」。
カンパーニャ(いなか)仕事にはコレ、欠かせません!

イタリア語で田舎モン!というとき(ジェンテ・ディ・カンパーニャ!といいます。)それはやっぱり「ほめ言葉」ではありません。
シチリア自体、相当田舎なんですが、田舎でも程度があるらしいです。

ところで、カンパーニャのしごと、気取った格好ではやってられません。
この長ぐつをはいたワタシ、正真正銘の田舎モンになりました。

つづきを読む・・でオリーヴェ収穫の様子をお伝えします。↓


FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA290139_640.jpg

シチリア島でダイビング「グラン・ブルー」の世界へ

というタイトルで4頁にもわたって掲載されました。
わたしたちのダイビングセンターDiveSicily。

PADIジャパンさま、ありがとうございます!

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

giardininaxos.jpg

タオルミナにあるダイビングセンターDiveSicilyを手伝うつもりでシチリアに渡りほぼ5年。
オット、アレッサンドロとともにダイビングビジネスにかかわり、そして、ここシチリアで出産して3人家族になり、その間もちろんひとりで病院へいったり出産入院を経験したり・・。
自動車教習所へも行ったし、土地と家もこちらで購入したし、その際の手続きや公証人とのやりとりもしたし、息子アンジェリーノの幼稚園通いや父母会にも出るし、今はこうして料理学校通いをしている。
今年からまったく新しい分野のビジネス(B&Bと予約制のリストランテ)Bella-Siciliaベッラ・シシリアもはじめた。

おとなになる、ということは、「しらないこと・わからないこと」がどんどんなくなることだと思っていた。

でも今こうして生活しているここシチリアはわたしにとっては外国。
海外生活をしているから?
それだけが理由ではないと思うが、わたしの生活には「しらないこと・わからないこと」がどんどん増え続けている。

以前、ジュエリーの仕事をしてきたとき、どんどん経験を積んでそれなりに出世?も果たしたし、独立して自分の会社を作って積み重ねのジュエリー人生を歩んでいたとき・・

わたしにはジュエリーの分野で知らないことはない

なあんて自負していたし、人生とはそういうもの、そうやって切り開いて積み上げていくものだと思っていた。

いま、わたしの環境は「しらない・わからない」と、言いやすい環境。

料理学校では、先生たちは必ずわたしに「シニョーラ・ユキコ、わかりましたか?」ときいてくれる。
わたしは、質問はいつも一番に手を上げる。

知ったかぶりをする人、わかっているふりをする人・・っていうのはどこにでもいると思う。
そしてそういう人たちはそこで止まってしまう・・と思う。
まあ、止まろうがどうしようがその人の自由なので、どうこういうことではないんだけど・・。

昔、知らないことがないのはかっこいいと思っていたけど、それは間違いだったと思う。
むしろ今、しらないことをしっているふりをし、わからない、と言えないのはとてもカッコ悪いと思う。

さて、しらないこと・わからないこと、はどんどん増え続けているわたしの人生。
ひとつわかると、それに関するわからないことがどんどん増える。

さて、そろそろ幼稚園のお迎えの時間なので、今日はこのへんで。

写真はわたし達の住むジャルディーニ・ナクソスを海側からのぞんで。
中央にひろがる美しいカーブを描く海岸線のロング・ビーチはこの町の自慢のひとつです。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA250120_600.jpg

いま深夜1時56分。もうすぐ深夜2時になるところですが、2時にはならず、もう一度1時台。
夏時間→冬時間のきりかわりのときは、1時間多く寝れて得した気分になります。
冬時間へのきりかわりは10月最後の土曜日から日曜日にかけての夜、夏時間へのきりかわりは3月の最初の土曜日から日曜日にかけての夜(このときは結構ツライ!)です。

写真はきのうのマッツァロ。
まんなかに小さく見えるのはアンジェリーノ。
ダイバーたちをお迎えに行っています。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA250122_600.jpg
PA250123_600.jpg
PA250124_600.jpg
PA250125_600.jpg

写真上から。

アンティパストその1)
ペッシェ・ストッコ(干タラ)とアランチ(オレンジ)のサラダ

料理学校で習ったばかり。
こんなにおいしいとは思わなかった・・といわれ、お出しした途端に一瞬でなくなってしまった!(こういうのはとっても嬉しい!)

アンティパストその2)
アリーシ・マリナータ(小イワシのマリネ)

セコンドでお出しした「ギョッタ」(ペッシェ・ストッコのスープ)

サルデ・ベッカフィーコ(イワシの有名なシチリア料理)



にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ




FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

Pesce Stoccoペッシェ・ストッコとBaccala'バッカラ。
どちらもタラを保存用に干したものですが、ペッシェ・ストッコは干タラ。
バッカラは塩タラのことなのだそうです。

さて、今日の料理学校での実習は、Ghiottaギョッタとよばれる魚のスープ。またはサルサ。

pescestoccoaghiotta20081024.jpg


材料はオリーブ、カッペリ(ケッパー)、たまねぎ、にんにく、トマト、ペペロンチーノ・・これらをいためてその上にペッシェストッコを置き、さらにパターテをおき、水をくわえて煮込む。
このスープをさらにパスタ用に少しとり、プリモ・ピアットとしての用意もできてしまいます。

本日は100人分ちかく用意しました。

プリモで用意したパスタはパスタ・フレスカ(手打ちパスタ)で、パッパルデッレです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ




FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA240110_600.jpg


Insalata di Pesce stocco インサラータ・ディ・ペッシェ・ストッコ

干タラのサラダです。

この季節になると、こちらでは干タラがよく使われます。
干タラには、psece stoccoとよばれる塩をした干タラとbaccala'バッカラとよばれるたんに干しただけのタラの2種類があります。

シチリアで得意なレモンやオレンジを使ったサラダです。

今日の料理教室では、このサラダと、やはり干タラをつかったghiottaギォッタとよばれるサルサを作りました。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA230105_600.jpg

Maccheroni freschi al sugo di carne
マッケローニ・フレスキ・アル・スーゴ・ディ・カルネ
数時間煮込んだミートソースのマッケロニ

今夜はご宿泊のお客様以外にご来店でお食事のお客様あり。
ケンブリッジから結婚記念日旅行でお越しの家族。
ヴェネツィアから結婚記念日旅行でお越しのカップル。

なんと、この2組、同じ結婚記念日なのでした。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA230104_600.jpg


ベッラ・シシリアの土地内のオリーブ収穫フェスタを開催します!

いよいよ収穫をはじめます。
土地内のオリーブ。
気が遠くなるほどの数のオリーブを収穫するため、見学がてら参加してくださるかたも募集です。

10月25日土曜日、26日日曜日、その後毎週土曜日、日曜日。
たぶん3週間くらいかけて・・。

写真は数日前にアレッサンドロが収穫したもの。
濃い目の塩水に漬けて加工の準備です。
(この塩水、たまごを使って濃さを測ります。)

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA220102_600.jpg
東京に住んでいたころ、よく食べたのが「コージーコーナーの100円シュー(今でもあるのかな?)」。
安くて大きくて、しかもおいしい!
生クリームとカスタードクリームが半々だときいたことがあります。

このおいしいシュークリーム、まさかここシチリアで、しかも自作で食べられるとは思ってもいませんでした!

ろいうわけで、ものすごーくおいしくできたこのシュークリーム。
お泊りのお客様やお食事のお客様には明日お出しします。
ニッポンのみなさまは、写真でドウゾ!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

Bella-Siciliaベッラ・シシリアの土地内のオリーヴ、収穫をはじめます。
まず第一弾はつぶしてし塩水漬けになりました。
写真はあした。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA220099_600.jpg
見て!まずまずの出来だと思いませんか?
シュー生地を学校から帰って自習で作りました。

今日の料理学校はパスティイチェリエの教室。(お菓子)

Crema Pasticchera カスタードクリーム
Pasta Sfoglie パイ生地
Pasta Bigne シュー生地
Pasta Frolla ビスケット生地
Pan di Spagna スポンジケーキ

以上の科目。

ずっとやってみたかったシュー生地。
ひとりでできるかなあとはじめてみたら、おもしろい。おもしろい。



FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA200096_600.jpg
本日のアンティパストの一品としてお出しした「ブルスケッタ」。
ヒントは今朝の料理学校の授業から。

イタリア料理をコースで企画するとき、アンティパスト→プリモ→セコンド・・という盛り上がりが大切。
アンティパストはいちばんおなかがすいているときなので、特に重要。

軽すぎてはいけない。そして、絶対に重過ぎてはいけない。

つまり、薄味すぎてはダメ。
がんばって懲りすぎてはダメ。

そこで登場するのはシチリアのおいしいトマト。
おいしい塩。
おいしいオリーブオイル。

これらにオリガノをふって出来上がり。

ご宿泊中のお客様、そして夕食にご来店いただいたお客様から「おいしい!どうやって作るの?」と誉め言葉をいただきました。
アレちゃんにも好評!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

本日の料理科目は Involtini di Spaghettiインヴォルティーニ・ディ・スパゲッティ

以前わたしも数回これを作っていますが(こちらのエントリー参照)いわゆる「アッラ・ノルマ」の形を変えたものです。

今日はカメリエレ教室(給仕の勉強をしている面々・・(←イケメン揃い))のみんなと共同で、ちゃんとリストランテ形式でサービスする練習もアリ。

このインヴォルティーニは大勢を対象にしたとき給仕しやすいという利点があります。

さて、わたしたちの先生、シェフ・スパダロは厨房ではとてもコワイ!

このキビシイ雰囲気、なんともなつかしい。
学生時代・・いや中学・高校時代の上下関係のキビシサ(わたしはそういう環境で育ちました。)を思い出させるものがある。

技術とアートの間で料理しろ!

ひとことでいえば、それがシェフ・スパダロの教えです。

技術には食材に関する知識・道具に関する知識からはじまって、それらを使いこなせる経験と練習。
そしてアートには味見をしたときの感覚から盛り付けまで。

なにか、自分らしさのようなものをアートとして付け加えろ!

といわれます。
しかし・・

食べるものであることを忘れるな!

つまり、アートにかたよりすぎては意味がない、ということです。

この先生、わたしが自習したことでの質問にすごく、とても丁寧にこたえてくれます。
しかし、話し出したら2時間はとまらないのはやはりシチリア人。

キビシクも楽しい料理修行の身。
適度に?手を切ったり、やけどもしながら、こうしてシチリアでがんばっております・・。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA180083_600.jpg
PA180086_600.jpg
PA180089_600.jpg
PA180095_600.jpg
Bella-Siciliaベッラ・シシリアの「エトナ山ツアー」は好評です。
今日は天候がいまいちだったけど、そのおかげで大きな虹がかかっているのを見ました。(写真一番上)

2000メートル付近まで車で行きますが、その手前にあるのが小さな洞窟。(写真2番目)
この洞窟の付近を軽くトレッキングします。

そしてこの時期、とても美しい紅葉が楽しめます。(写真一番下)

Bella-Siciliaベッラ・シシリアへ帰っては、おなじみ「シチリアンBBQ」!
エトナでおいしいサルシッチャ(腸詰)や、チポリーナ(長ネギにブタのばら肉をまきつけたもの)を屋外のグリルで焼きます。
本日はピスタッキオのパスタ付き!



FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA170058_640.jpg

アッチューゲ・コッツェ・クロッケッテ・クレップ・・これら、何だかわかりますか?
本日の実習なんと4品!

アッチューゲ・マリナータ=小イワシのマリネ(上の写真がコレ!)

コッツェ・グラティナータ=ムール貝の詰め物焼き

クロッケッテ(シチリア語でカッツィーリ)・ディ・パターテ=ポテトのコロッケ

クレップ・グラティナーテ=クレープのグラタン

以上の4品が今日の実習科目。
だんだん盛り上がりを見せる料理学校。

さて、上記の4品、どれも「シチリア料理」というからにはそれなりの工夫があります。
興味のあるかた、詳細は「つづきを読む・・」をクリックしてドウゾ。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ






FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

CALTANISSETTAカルタニセッタ。

シチリア島の西側に位置するこの町は、サルソSALSO川というシチリアで一番大きく、長い川があることで有名です。
SALSOサルソはその名のとおり、塩水の川(塩=SALE)にその名の由来があるそうです。

ここ出のリシェッタ(レシピ)はとても多く、わたしの得意料理のひとつでもある、Spaghetti alla CARRETTIERA(スパゲッティ アッラ カレッティエラ)=馬車乗りのスパゲッティもそのひとつ。
口伝のこの授業、アンティカ・リシェッタ(古いレシピ)も口伝で教わります。(by 市長さん)

今日の授業で教わったレシピはPollo al Fornoポッロ・アル・フォルノ。
オーブンで焼くチキン料理です。

ご披露はいずれまた・・

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

ご宿泊のお客様で、ご希望の方には夕食もおつけしています。
本日のメニュはコレ!
そろそろシーズンにはいるフィノッキ(フェンネル)のはっぱと、いわしを使ったパスタ。
「パレルミターナ」と以前よんでいましたが、最近プロに料理を教わるようになって、これは正しくないということが判明。

サルデ(いわし)とフィノッキのパスタです。

チーズのかわりに、パン粉をかけてドウゾ!

写真はのちほど。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

choux.jpg

本日の料理学校。パスティッチェリア(お菓子つくり)の練習でした。いろいろ作ったのですが、試食したのはコレ!

シュークリーム!

シュー生地のこと、イタリア語でPasta Chouxパスタ・シューとかPasta Bigne'パスタ・ビニェーとかいいます。
中のクリームはいわゆるカスタードクリーム。(コレ!おいしい!)
crema pasticceraパスティッチェラと呼んで、お菓子作りにはかかせないクレマになります。

プロの世界では、衛生法の立場から、料理の厨房とお菓子作りのそれは分け隔てた場所になります。
お菓子作りの台所は、とてもいいにおいがして、練習の間中、とてもシアワセ?な気分でした。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ




FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA140051_640.jpg
われながら、メキメキ腕を上げています。
もちろん、料理の腕。
リストランテのクオカになる日も近い・・!?

さて、そんなワタシを横目で見ている、オット。アレッサンドロ。

早速作ってみる料理学校で習ったとおりのリシェッタには・・

「前のユキ流のサルサのほうがおいしいな」・・とか、

彼のしらないシチリア料理の歴史や知識を披露すると、

「それは教わったことが間違ってるよ!!」・・とか、

くやしそう。
だって、彼は生粋のシチリアーノだから。

悪いけど、わたしは前から新しく、しかも突然興味をもったことのお勉強は得意中の得意。
いま勉強が楽しくて楽しくてしかたない。

えーさて、
今日は久しぶりにSerataSicilianaを開催しました。
お客様は14名さま。

2種のパスタはアッラ・ノルマとペスト・シシリアーノです。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

ふたりで作る!シチリア料理の教室@東京

2009年2月 開催のお知らせです。

夫婦で、親子で、姉妹で、お友達同士で・・一緒に作って一緒に食べると、さらに、もっと美味しい!
あのシチリア料理を日本の美味しい素材で再現します。
今回はペアでのご参加を募集しますが、もちろん、おひとりでの参加もO.K.です。



●講師は誰?

講師はシチリア生まれシチリア育ち、生粋のシチリアーノであるオット、アレちゃんことアレッサンドロと、その妻のわたしユキです。
シチリア家庭の主婦として5年、マンマとして3年、毎日家族のためにシチリア料理に精を出すかたわら、経営するB&B Bella-Siciliaならびに併設のリストランテのゲストのために毎晩腕をふるう現役シェフ(のタマゴ)。

●どんなお料理を作るの?

日本の素材を使って、美味しいシチリア料理を作るコツとヒミツを実演と実習で伝授したいと思います。家庭でも、職場(リストランテ)でも、ふたりで作るととても効率よく、そしてもっと美味しくできることから、今回あえて「ふたりで作る」ということをご提案したいと思います。

おどろくほどかんたんに出来る生パスタ。
そしてほんのちょっとしたコツでおいしくできるサルサ(パスタのソース)。
野菜のうまみがあるからこそできる野菜料理。
そしてやっぱり野菜にアルモノをくわえるだけで美味しくなるコツ。
いつもの肉料理、魚料理がシチリア料理にかわってしまうヒミツ。

お教えしたいこと盛りだくさんで、みなさまのお越しをお待ちしています。
シチリア料理のファンも、シチリアが好きな方も、シチリアへ旅行予定の方も・・そうでない方も楽しめる教室にするつもりです。

●イタリア語の教室は?

東京でのアレちゃんとわたしの教室はこれで3回目。
今回は料理に集中することと、希望者がどんどん増えたため、シチリア料理の教室のみとさせていただきます。
でももちろん、イタリア語も学べます。
また、イタリア語がまったくわからない方でも、まったく心配はありません。
なお、イタリア語クラスを別途ご希望の方はリクエスト欄にその旨明記してください。

●開催場所・日程は?

教室の開催場所は銀座。
設備のととのった、そして清潔なキッチンを利用します。
2009年2月の日曜日を中心に開催しますので、ぜひおふたりで参加してください。(もちろん、おひとりでのご参加も大歓迎です。)
開催時間は11時開始、14時30分終了(もちろん作ったものの試食時間をふくみます。)

開催予定日:(各日程とも定員になり次第締め切ります。)
2009年2月8日(日)
2009年2月9日(月)
2009年2月15日(日)
2009年2月16日(月)
2009年2月22日(日)

なお、3ヶ月以上も先の日程は決められないけど、とにかく参加はしたい。という方は、リクエスト欄にその旨をご記入ください。

申し込み・お問い合わせフォームはこちらです。

●費用は?

ご参加費用はおふたり様合計で12,800円。(生パスタの教室など特別クラスの場合は料金が変動することがあります。約2000円アップ)
おひとり様の場合は7,200円です。

●持参するものは?

ご持参いただくものはエプロン、手拭き(タオルなど)、筆記用具のみ。

●問い合わせ・申し込みは?

スタジオは比較的大きなスタジオを使用しますが、人数には限りがありますので、定員になり次第締め切らせていただきます。

お問い合わせ・お申し込みはこちらのフォームからどうぞ!

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA130050_640.jpg
本日の料理学校のメニュ。

Cavateddi alla Pesto Trapanese
カヴァテッディ・アッラ・トラパネーゼ

トラパニ風のペストで食べる、シチリアのパスタ「カヴァテッディ」。
トラパニ封のペストはいわゆるペスト(ペスト・ジェノヴェーゼ)にポモドーリ(トマト)が入ります。

カヴァテッディはもちろん手打ち。

写真と詳細はのちほど・・。というわけで写真アップしました。

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

tornado.jpg

9月25日タオルミナ・マッツァロから撮影した竜巻の写真。
(そのときのエントリーはこちら。)
今日やっとディルクが送ってくれたのでアップ。

そして下の写真はオマケ。(アレちゃんとわたしの足って同じ形をしている・・。太さも同じだ・・(汗))
alexyuki.jpg

FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA110038_640.jpg
まず、ズッキーニの「グラン・サルサ」を作ります。
ズッキーニ、たまねぎ、にんにくを水なしで蒸し焼きにして、パッササルサ(トマトソースをつくるときに使う、いわゆる手動フードプロセッサのようなもの)に通してクリーム状にします。

ニョッキをゆでる直前に、パンチェッタ(生ベーコン)をみじんぎりにしたものをオリーブオイルでいため、にんにくを入れ、上のグラン・サルサを投入。
このときに松の実を入れます。できるだけたっぷり。

ゆであがったニョッキを入れてさらに煮込みます。

このリシェッタ(レシピ)は、知人の居るタオルミナ・マッツァロ海辺のリストランテのシェフのリシェッタ。

じゃがいもの甘さにピッタリなサルサです。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ





FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA110033_640.jpg
こんな風に打ちあがりました。Gnocchi di patateニョッキ・ディ・パターテ。じゃがいものニョッキです。
きのう料理学校で実習したのを、どうしても再現したくて朝からニョッキのリシェッタ(レシピ)ばかり考えていました。

PA110034_640.jpg
しかし・・アンジェリーノ登場!

というわけで、作り方はまたのちほど・・

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ





FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PB110050_640.jpg
PB120165_640.jpg

冠雪がはじまったエトナ山。
10月11月はエトナへのドライブがとても楽しい季節です。

10月11月にシチリア島タオルミナ方面へお出かけのみなさま、わたし達がエトナ山へご案内します。

山頂近くの小さな洞窟に入るミニ・トレッキングツアーと、Bella-Siciliaベッラ・シシリア自慢のランチ「ピスタッキオ(ピスタチオ)のパスタとシチリアンBBQ」ランチ付でご案内します。

催行は最低2名さまより。
事前のご予約が必要です。

写真上はジャルディーニ・ナクソスのロングビーチとエトナ。(カポ・タオルミナより撮影。)
写真下はエトナ山頂上付近から望んだエトナ山頂です。
(いずれの写真も2007年11月撮影。)

ご予約・お問い合わせは右のメールフォームからどうぞ。
なお、ご希望日、ご参加人数、ご宿泊のホテルを明記してください。


FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA100018_640.jpg
本日の料理教室、カポナータとニョッキを作りました。

写真はカポナータ。
世にも美しいデコラツィオーネです。

PA100022_640.jpg
真ん中がシェフ。その隣にわたし。生徒は18歳から50歳までの面々。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

PA090013_640.jpg<brclear="all">これが出来上がりの図です。
Maccheroni freschi fatta a mano Alla Norma マッケロニ・アッラ・ノルマ。

Alla Normaアッラ・ノルマとは「規則とおりに」「決められたとおりに」という意味。

シチリアの伝統、こうして日本人のわたしも継承しています。

アレッサンドロはさすがシチリア人。
サルサはあまり好きじゃなくてもサルサについては語れる。
いつもと違う作り方をしたのもちゃんと気づきました。(いつもはたまねぎ、にんにくは入れない。そしてもっと甘くします。)
サルサは「シェフの作り方は忘れていつものやり方にしなよ」だって。
しかしマッケロニは絶賛!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ




FC2 Blog Ranking::ブログランキング参加中 FC2ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

著書

TripAdvisor

TripAdvisorおすすめブロガーになりました!
旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

シチリア島タオルミナ*ジャルディーニから

yuki

Author:yuki
シチリア島在住9年目。ダイビングセンターDiveSicilyと、アグリツーリズモ(自家菜園で収穫した素材での料理も楽しめる宿)Bella-Siciliaを経営しています。水中のインスピレーションでジュエリーデザインやアート制作中。今年7歳のアンジェリーノのマンマでもあり、シチリア料理の腕はシチリア人義母とシェフ仕込みのプロ級。料理教室や地元料理学校のスタージュ生受け入れもしています。

Translation翻訳

Translation翻訳

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Angelinoもうすぐ7歳!

Twitter

FACE BOOK

ブログ内検索

全記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

世界各地の日本人

お問い合わせなどはココから・・

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2カウンター



現在の閲覧者数:

twittercounter

GioielliDolceVita

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing photos in a set called DolceVita. Make your own badge here.

リンク

RSSフィード

タグ一覧

検索

 

シチリアからおすすめブックス

< >


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。